婚活自己紹介の項目

必ず書いておきたい項目をピックアップ!

書き方の参考例文も紹介♪

婚活サイトの自己紹介を書く場合に、必ず書いておきたいいくつかの項目があります。

自己紹介文あではある程度の長文を書くことになるので、書き方ひとつで読み手の印象は変わってくるので注意が必要です。

文体だけでなく改行の仕方や文章間隔の空け方などでも、印象が違ってきますから何度でも納得いくまで修正することが大切です。

それでは自己紹介文を書く時の注意点を書きながら、書いておきたい項目を紹介していきましょう。

全体的なポイントとしては、「伝えたいことを簡潔に書いていく」ということが大切です。

具体的な項目はこの4つ!

1,性格

自分の性格を書こうとすると、難しくて迷ってしまうことが多いですよね。
こちらではあまりコト細かく書くよりも、大雑把な感覚的な表現で性格を表したほうが伝わりやすいかと思います。
「明るくマイペースと言われます!」
「誠実で頼り甲斐があると言われます」
このように自分の性格の代表的な部分を2つくらいに絞って、周囲の人から言われているような感じで書くと伝わりやすいです。

2,仕事

仕事についてもコト細かに書くよりは、業務内容を先ずは簡潔に書きます。
「メーカー系の営業職を3年ほど続けています。」
「飲食店勤務で調理や接客をしています。」
それから、仕事についての「将来的な抱負」や「楽しく感じる瞬間」を付け加えておくと前向きな意欲が伝わるでしょう。
「仕事に活かすために販売士1級取得を目指して勉強中です。」
「今の仕事で、接客していてお客様に喜んで頂けると素直に嬉しいです。」
小さなことでもよいので、目標や喜びを感じる瞬間を書いてみましょう。

3,趣味・特技

趣味や特技になると、結構熱くなってガッチリ書いてしまう方も多いですが、ここもできるだけ簡潔に書いていきましょう。
大枠のジャンルと最近のトピックスなどを書きます。
「運動が好きでフィットネスクラブに通っています。最近はボクササイズなどにも挑戦中です。」
「週に1冊ペースで読書をしています。先日読んだ「●●(本の名前)」などは面白くて3日で読みきってしまいました。」
趣味がたくさんある人もいるかもしれませんが、あまりズラズラと書き連ねるよりは、その中でも興味のあるもの2つくらいに絞って書いたほうが伝わりやすいです。

4,休日の過ごし方

休日の過ごし方って、プライベートの部分を知るために結構注目されたりします。
基本的には3で紹介した趣味などで休日を過ごしている方も多いと思いますのでその延長線上で
「休日は家で読書していることが多いです。気分転換に近所のカフェや公園などで読書したりもします。」
「趣味の読書は平日にすることが多く、休日は会社の同僚とダンスサークルに通ったり食事をしたりすることが多いです。」
前者はインドア派、後者は交友関係が活発というふうな印象を与えます。
実際の休日は「何もしないでボォ~っとしている」という方もいるかもしれませんが、これを機会に何か始めてみてはどうでしょうか。
「何もしてないでボォ~っとしている」というよりは、これから始めようとしていることを書いた方が印象はよいです。

【婚活サイト自己紹介文例】のページ一覧

ページトップへ